COLORS

ワーホリ in Toronto / いろ、いろ

渡航の道中(搭乗中編)

いつまでも風邪が治らない系のうみです。

咳で腹筋割れてくれないかな・・・。

 

さて、今日は搭乗中編です。

※エアカナダは元より、国際線にも初めて乗った人の感想です。

(サービスやなんやらの良し悪しがわかっておりません!笑)

 

とりあえず座席を決める際に色々調べますよね。

通路側が良いらしい。とか。お手洗いの近い席はうるさいらしい。とか。

でも、私なにせ初体験ですから、「絶対窓側でしょ!」と思ってました。

空からの景色見たいよ〜綺麗だよ〜。起こされる心配もないし!

と安易に窓側をチョイス。(本当に安易)

 

結果から言えば、12時間強のフライトで10時間を過ぎたあたりに

腰痛を感じ(ずっと同じ姿勢なので)、1度だけお手洗いに行き

腰と足をごりごりしてリフレッシュをしたきりでした。

何度も隣の人を移動させるのも申し訳ないって本当ですねえ。

次回は通路側とってみようかなあ。でも寄りかかれないのがなあ・・・。

 

f:id:tavolozza:20170412044514j:plain

窓側はこんな景色。外はマイナス50度。

 

まあ、景色見たかったのに(寝てる人の妨げになるから)

ほぼカーテン閉まってて見れなかったんですけどね・・・。残念。

 

搭乗してから、隣とその隣には外人のお兄さん方が座られ、

おもむろにイヤホンを前の座席につけたので私もまねっこ。

この画面どう使うんや・・・?と格闘してなんとか理解。

 

映画は日本字幕なし英語音声、日本語吹替版もいくつかありました。

最初はララランドを英語で頑張ってみていたのですが、

途中から眠気が到来して断念。クラシック音楽で眠気を誘いつつ仮眠。

 

その後、なんだかザワザワしてきたのう・・・とぼんやり起きたら、

キャビンさん方がご飯の準備をわさわさしていらっしゃいました。

 

これは、かの有名な「ふぃっしゅ おあ びーふ?」に

かっこよく回答するぱたーん!と思ってシャキっとしていたら、

「ちきん おあ びーふ?」でした。

あれっ魚ほしかってんけど・・・あ、ちきんで。

 

f:id:tavolozza:20170412044532j:plain

機内が暗すぎてよくわからないし肝心のちきん隠れてますね。

照り焼きチキンと副菜と米がワンプレートになっていて、

パン、サラダ、チョコケーキ、ペットボトルの水です。

 

この銀紙とったやつね、めっっっっちゃ熱いですわあ。

フライパンで熱したやつそのまま食べてる熱さ。

この後の機内食は全て、口内をやけどした状態で食べ続けました。

(多分そんな人いないと思いますがお気をつけて・・・)

 

セルフ事故のやけどは置いておいて、チョコケーキが出てきた時点で

私はエアカナダの機内食に絶対の信頼を置いたのです。(早い)

 

また少し眠ったり眠らなかったりしていると機内食が。

f:id:tavolozza:20170412044517j:plain

でた!噂のカップヌードル

受け取るほどお腹空いてなかったのですが、

見てたら配られたのでまあ食べるかねともぐもぐ。

麺なのかマシュマロなのかわからないくらい

のびてましたけど、飛行機だから、ここ、うん。

 

f:id:tavolozza:20170412044521j:plain

でもついでに置かれた軽食(?)たちは

食べ切れそうになかったので持ち帰り。

 

ここからの戦いが長かった・・・。

いきなり国際線乗って12時間強って大変。

GONE GIRLとモアナを見てもまだ5時間くらいしか経ってないわ。

映画見続けるのも結構しんどいしな〜〜と、ぼおっとした結果、

今どこ飛んでるのかモデルみたいな飛行機を見つめ続けました。

 

f:id:tavolozza:20170412052649j:plain

これ。意外に楽しい。標高何メートルとか逐一確認。

 

そしてあと到着まで後2時間位ですよーって頃に最後のご飯。

f:id:tavolozza:20170412044541j:plain

「おかゆ おあ えっぐ?」だったんですけど、

えっぐもほぼおかゆみたいなもんでした。これも熱かった!(ひい)

 

さて機内食も全部食べましたし、後は着くのを待つのみ!

・・・と思いきや、税関申請書のことをすっかりくっきり忘れていた私。

配ってくれたのは日本人のキャビンさんでしたが、

「これどう書くんですか〜〜!?」と泣きつくわけにもいかず、

必死に読解・・・citizenってなんだっけ!?(all 英語 or フランス語)

とまあ、隣2人のお兄さん方はすらすら書いて終わっている中、

私は1人、一生懸命、読み書きを進めるのでした・・・。

 

・・・持ち物編を見た方はおわかりかと思いますが、

私は電子辞書を持っていかず、アプリで入れています。

その方が安いし使い勝手が良いので。(オフラインでも使えるよ!)

ただそのダウンロードが完全に終わらない状態で渡航してしまったため、

ホームステイ先に着くまでは完全に自分の知識を頼るしかないというね。

準備バタバタしすぎなんですよね、いつも。

 

まあ、次の空港編でも書くと思いますが、

特に問題なくカナダに入国できてますので・・・モーマンタイ?

 

しかしまた、ここからホームステイ先に着くまでが長かったのです・・・。

 

*ランキング参加中です!

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(カナダ)へ
にほんブログ村

渡航の道中(出発編)

今日も1日安静にしていようデーでした。

トロントに来てほぼ家に引きこもってるわ・・・。

ちょっと良くなったかしらと過信して映画を見ましたよ〜。

 

前からずーっと気になっていた「ズートピア」!

日本語字幕も吹替もなかったのでオール英語で・・・。

ほぼ雰囲気で!なんとか!ならなかったところもあったけど。

でもニックがイケメンなのはわかりました。ペテン師最高!

f:id:tavolozza:20170409110155j:plain

帰ったら日本語吹き替えで観よーっと。

 

さて今回は準備を抜け出し(多分準備終わったよね?)

道中のお話をはじめましょうか。

 

私、大事な日に雨か雪か台風が多い系の女(どんな?)なんですが、

例に漏れずこの日も雨。折りたたみ傘スーツケースの中だよ!!

(そういえば、こちらに来て現地の人に初めて聞いた話。

 4月のトロントは「雨季」らしい。日本でいう梅雨?知らなんだ。)

 

f:id:tavolozza:20170409110300j:plain

羽田空港の展望台的なところ。

結構降っているのに傘もささず手を振っている人とか。

 

話は戻りまして。エアカナダは、チェックインがネットで出来ます。

前日の夜(24時間切ったら)メールが届くので、忘れないかと。

・・・まあ全部英語だから大部分読み流したけど・・・。

ネットでチェックインしたら並ばずに荷物だけ渡せるので楽です!

 

f:id:tavolozza:20170409110251j:plain

搭乗1時間半前くらいのチェックインの列。

 

荷物預ける列は4人待ち程だったのですんなり身軽に。

あんなに一生懸命測ったり計ったりしたのに、

重さの話とか何も言われず(中身の確認はされたっけ)

「ではトロントまでお預かりしますね〜」と言われ終了。

懸念していた機内持ち込みのヴァイオリンも

「このサイズなら全然大丈夫ですよ!」と。良かった〜。

 

※ちなみに荷物計測につかったはかりはコレです。

20kgも入れてないのに持つのに大分苦労しました・・・

Amazon CAPTCHA 

 

荷物を預けた後は、搭乗時間まで見送りに来てくれてた友達と

お土産見たり話したり。(見送りって大事・・・安心する・・・)

携帯のSIMカードを抜き、電話番号とサヨナラしたり。

 

そんなこんなでグダグダしていたら出発の45分前になってしまい、

ゲートに向かいます。(後は乗るだけやん〜と思っていた間抜け)

 

あ、そうだ検査があった!と気付き、慌てて前の人に倣います。

 

電子機器を出して・・・?腕時計・・・ベルトはしてない・・・

えーと・・・コートを脱いで・・・?

携帯・・・あ、コートに入れるんですか・・・よしOK!

あ、これも?はい、全部預けるんですね、すみません・・・

(めっちゃ手間取る。つ、次はスマートにやるし!)

 

そして無事に荷物を全部返してもらい、

重いリュックをよいせよいせと背負いながら長〜い道を歩きます。

途中にお店もありましたが、時間もないのでサクサク進みますよ。

結構端っこの方まで歩き、ようやく搭乗口まで到着!

並んでますが、すいすい動きます。いよいよ搭乗ですよ〜〜!

 

・・・なんかめっちゃくしゃみ出てくるので搭乗中のお話はまた次回。

うお〜〜早く外に出たいよ〜〜〜〜!

 

*ランキング参加中です!

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(カナダ)へ
にほんブログ村

渡航の準備(家探し編)

トロントに来て1週間経ちました。まだ渡航の準備書いてる人いるよ。遅い!

 

まあ何をしてたかって。風邪ひきましたよね。喉めっちゃ痛いですね。咳でますね。

ストレスとか時差ボケとか天候とかにモロ影響受けましたね。

病気になるのは早いんだから!!

 

今朝は、なんか雪降ってますけど〜!?と思ったら

f:id:tavolozza:20170408084000j:plain

 

夜(これでも19時)は雪も完全になくなり、快晴っていう・・・天候の差よ・・・

f:id:tavolozza:20170408083955j:plain

でも夜が遅くまで明るいの嬉しい。気分も明るい!(でも体調は悪い)

 

私、平均よりは若干体弱いかもとは思ってましたけど、

渡航5日目にしてカナダの風邪藥に頼るとは思いませんでした。

f:id:tavolozza:20170408083947j:plain

ホストマザーに、カナダ人はこれが大好きなのよ!と貰いましたが、

これが効いたかどうかは微妙でした・・・めっちゃ酸っぱかったっす・・・

夜に熱上がって苦しくて起きて、って繰り返した後に

あまりにしんどいので、日本から持ってきたイブを飲みました。すぐ効いた。

 

さて、今回は家のお話です。

今、どこに、どんな風にして、どんな環境で、住んでいるか簡単に申し上げますと。

 

・日本人のお母さん(いつも日本語、めっちゃ良い人)と

 高校生の娘さん(普段は英語、日本語もわかる、めっちゃ良い子)

 住むお家に、食事なし・光熱費高速WiFi込のホームステイ

・e-mapleに掲載されていた情報を見て日本からメール→即決

・ルームメイト(隣の部屋)に日本人の大学生女子(めっちゃ良い子)

 

最初は1週間ホステルを予約して、そこから家探しをする予定でした。

ただ、私はヴァイオリンを持っているため、ドミトリーは避けたい・・・。

とすると、最初の1ヶ月はどんな家でも鍵さえあれば我慢出来るし

ホステルよりは安全だろうから、日本から決めてしまおう!

最悪だったらすぐ引っ越せばいいか!と思って、色々と視野に入れて探しました。

 

何日も何日もe-mapleを眺めていると、情報の良し悪しも大体わかってきます。

「この部屋ずっと募集してない?」とか「良い条件すぎない?」とか。

家賃が安いに越したことはありませんが、治安も気になるため、とことん調べました。

今住んでいる地域はトロントの中でも本当に安全な地域のようで、

ホストマザーは昔、鍵すらかけない生活をしていたそうです(笑)

 

日本から見学もなしに決めるのはいささかギャンブルでしたが、

本当に素敵なお家を見つけることができました!縁だな〜〜。

決め手になったのは、メールの連絡を密にしていただいたこと、

以前お世話になった方を紹介して頂いてメールで色々お話を聞けたこと、

ピアノがあったこと、図書館やスーパーが徒歩圏内だったこと、

そして何より日本語が伝わる環境だったこと。です。

 

私の英語力について触れる機会がありませんでしたが、

本当にリスニングとスピーキングがゴミなんですね。ゴミっていうか。うん・・・。

ライティングとリーディングが得意かって言われるとまあそれもso-soですけど。

何より初めての海外生活で、いきなり英語環境にぶち込まれたら、

部屋から出ない生活をしていたことでしょう。そして毎晩泣くね。絶対。

何事も、チャレンジすることって大事ですけど、

いきなりハードル高くて心が死んだら元も子もない。っていうのが持論です。

・・・死にかけたことがあるのでその辺は少し学びました。

 

あれ?話が少し逸れましたね。私のチャレンジ精神の低さはいいとして。

 

駅からもダウンタウンからも少し遠いのですが、あまり都心に行かないので、

(というかこっちに来てからまだ1度もダウンタウン方面行ってない・・・)

アクセスの良さという面では、劣るかもしれません。その分家賃はお安め。

でもトロントはバスがいたるところに通っているので、

今の所、そんなに不便!って感じではないです。仕事始めたら変わるかもですが。

 

家に関してはこんな感じですかね。

居心地もよいので、トロントにいる間は引っ越さない予定です。予定は未定。

 

一方で、仕事探しなうなのですが。結構うまくいっている〜!・・・と思いきや、

体調は悪いし英語力はゴミだし・・・で振り出しに戻った感があります。

 

とりあえずリスニングを鍛えるべく(喉が痛くてスピーキングは練習難しいので)

Netflixの1ヶ月無料体験に加入。英語音声・英語字幕で映画を見ております。

うーん。ほぼわからん。いつか全部理解できる日が来るのでしょうか・・・。

 

 

*ランキング参加中です!

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(カナダ)へ
にほんブログ村

渡航の準備(荷物編)

本日のトロントは雨。

時差ボケも相まってか、ほぼ意識のない過ごし方をしてしまいました・・・。

明日は近所の教会へ行く予定です。無料のESLがあるとのこと。わくわく。

 

さて、今回は準備(荷物編)です。

最初に断っておきますが、私は女子としてあまり頓着のある方ではないので

オサレ女子に役立つ内容かは保証できませんので悪しからず。

 

では早速リストにしてみましょう。(★=機内持ち込み、☆預け手荷物)

 

★大切なもの

 パスポート

 ビザ

 航空券

 財布(長財布、小財布、がま口)

 クレジットカード(VISA、MasterCard)

 現金(10万くらい)

 免許証

 

★ガジェットとか

 MacBook Pro(本体、充電器、マウス)

 iPhone SESIMフリーのもの)

 iPhone 6(以前使っていたもの、念のため)

 iPad Pro(本体、充電器、Apple Pencil)

 ウォークマン(この並びならiPodダロ!って感じですね)

 イヤホン

 USB

 電子辞書(アプリ)

 

★その他機内持ち込み

 コンタクトケース(結局機内では外さず・・・)

 メガネ

 筆記用具

 旅行用スリッパ

 ネックピロー(急に欲しくなって羽田のドンキで衝動買い)

 酔い止め(飲まずにいけた)

 本(参考書?絵本?)

 ヴァイオリン

 

☆衣類

 ダッフルコート(着用)

 ウルトラライトダウン

 Tシャツ 3

 長袖シャツ 3

 ニット 3

 ヒートテックインナー 4

 ヒートテックレギンス 1

 パーカー 1

 カーディガン 2

 ワンピース 1

 スカート 1

 ジーンズ 1

 チノパン 2

 

 タンクトップ 3

 下着類 1週間分

 靴下(可愛いのがないと聞いていたので多めに)

 タイツ(ヒートテックのやつ 2)

 

☆衣類(その他)

 カバン(小さいショルダー、ミニトート)

 スニーカー 2(内1つは着用)

 

 手袋(スキーとかでする本気のヤツ)

 ストール(むち打ち?って聞かれるくらい顔隠れるもこもこのヤツ)

 水着

 

☆生活用品

 ドライヤー

 アイロン

 コンタクト(2weekを1年分、1dayを1ヶ月分)

 歯ブラシ(ヘッドが小さいやつ)2

 洗濯ネット 3

 ハンドタオル 1

 ハンカチ 1

 ポケットティッシュ 入るだけ

 ウェットティッシュ 1

 生理用品(スリム)1

 折りたたみ傘

 カイロ

 扇子

 安眠の為のいい匂いスプレー

 アロンアルファ(カバンが壊れたので空港のローソンで購入・・・)

 

☆化粧品類

 いつものポーチ

 小さい鏡

 日焼け止め 2

 リップ 2

 ブラシ

 髪ゴム、シュシュ 入るだけ

 爪切り

 化粧落とし(使いかけのやつ)

 ホットアイマスク(掃除してたら出てきたやつ 未使用の予感)

 制汗剤(塗るタイプ、拭くタイプ 使いかけ)

 旅行用ミニお風呂セット

 

☆薬

 イブ(普通のと強いの)

 葛根湯

 バンドエイド

 

☆日本食

 美味しいお米(16合くらい・・・生命線・・・)

 だし

 コンソメ

 中華の素

 味噌汁、スープ

 生姜チューブ

 チョコスナック 入るだけ

 お土産のお菓子たち(ひよこ、干菓子、柿ピー)

 

☆本

 参考書 2

 お土産の文庫本 1

 日記(分類ここ?)

 

だいたいこんな感じ。衣類より食に力を入れたよね。

あとの服とか諸々はvalue village頼りです。

 

機内持ち込みはリュック、手荷物はスーツケースと大きめのカバン

まだ全然余裕あったけど、持ちきれない!と思ってある程度に収めました。

本当はスーツケースだけでもいけたかも・・・でも日本食入れたかったので。

 

f:id:tavolozza:20170405133455j:plain

羽田空港にて。この荷物より背負っているリュックが本当に重くて辛かった・・・。

 

必要そうなものが入っていないのは、あらかじめホームステイ先から

貸してもらえるとの情報があったり現地で買おうと思っていたりしたものです。

今ちょっと後悔しているのは、髪用のトリートメントと化粧水かな・・・

やっぱりこっちのもので匂いがキツかったりするとウッてなりますね・・・

 

あと逆にそれいる?みたいなものは、貰い物で持っていくのよ!と念押しされたもの。

これらがあると、そのくれた人達を思い出せてちょっと楽しいです。

 

次は何編かなあ〜

 

*ランキング参加中です!

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(カナダ)へ
にほんブログ村

渡航の準備(手続き編)

そういえば昨日の記事で書き忘れたのですが、航空券は片道でした。

きっと1年トロントにいることはなく、ふらふらしそうなので帰りを決めかねた為。

 

さて、今回は色んな手続きの件です。おおまかに分けて5つ程ありますかね。

カナダに行く前に、東京から群馬へ引っ越しをしなければいけなかった私は

更にやることが多く、かなりぐっちゃぐちゃのスケジュールで動いていました・・・。

早め早めの行動、大事。(何かをする度に毎回思うこと)

 

①滞在先(家)を決める

→私はホームステイ(食事なし)に落ち着きました。

 決め方とかもろもろはまた記事にします。

 

②海外保険加入

→今はクレジットカード付帯のものしか入ってません。

 3ヶ月過ぎたらこちらの保険に変える予定。

 

③海外転出届

→住民票を抜く手続きですね。1枚の紙で保険も年金も抜けられました。

 噂の通り、転出先は「カナダ」だけでOK。それでいいのかニッポン!

 

④住民税

→1月1日にいたところに1年間払うものなので、

 私は東京の方で口座振替の手続きをしてきました。

 

⑤免許証更新(期限前更新)

→これ、出国の3日前とかに気付いたんですけども。期限が来年の1月!

 帰ってきてからでも更新出来るのですが少々手間なので、先に受けました。

 受付〜視力検査〜写真撮影〜講習(優良は30分)で2時間くらいだったかな?

 

手続きとしてはこのくらい?準備は更に続きます。

次回は荷物(+医者)編。

 

まだ時差ボケなのか、ただ単に疲れが溜まっているのか、眠い・・・。

 

*ランキング参加中です!

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(カナダ)へ
にほんブログ村

渡航の準備(ビザ&航空券取得編)

今日はとてもいい天気だったので、近くのスーパーへ初めて繰り出してきました。

海外のスーパーを見るのは初めてで、物珍しくてずーっとウロウロ。

業務用か!?コストコなのか!?ってくらいどれもビッグサイズで、

飲み物を買おうものならそれだけでリュックがいっぱいになりそうで諦めました。

そして2日経った今もお腹があまり空かないので(緊張のせい?)、

調子がよくなったら現地の食事にしていきたいなーと思っております。

 

さて、早速ですが渡航の準備を色々とシェアしていこうかなと。

 

まずはビザの取得について。

以前お伝えした通り、私は一切エージェントを通さずにここまできました。

ビザも自力で、いえ、厳密に言えば他力で(?)取りました。

お世話になったのは、きっと皆様一度は見ているであろう・・・

 

workingholiday-syrup.com

 

『ワーホリシロップ』様です。

 

エージェントを使用していないとはいえ、セミナーなどは1・2度行ったことがありました。

そこでは「1人での申請は危険」だと結構念押しされたような記憶があるのですが、

今こうして無事カナダへ来れていることを思えば、上記の情報は確実に役に立つものです。

(前回も言いましたが、安心したいのであればエージェントを通すのも手かとは思います)

 

ビザを申請する時に必要なものといえば、とりあえず、パスポートは必須ですよね。

私、海外、行ったことアリマセン!なので勿論、持ってマセン!状態でした。

初海外でいきなり1年も住むの・・・アドベンチャー・・・って

驚かれることもありますが、旅行に行く資金はここまで溜めておいたということで。

パスポートの取得にも時間はかかりますから、相当ハラハラしました。

確か7月半ば頃にビザの申請をしていたので、希望人数の真ん中少しすぎたくらいだったかな。

毎日、申請の状況をうかがっていたような気がします。でも抽選ではない分マシかな。

 

もう一つ渡航になくてはならないのが、航空券。

どの時期を選ぶのかが結構重要なワーホリ。ご利用は計画的に。

私の活動源力はいかにお得に、お金を節約していくか、なので。

時期を選ぶのも勿論、オフシーズンを狙っていくわけです。

最安値のエアカナダで見ていくと、3月と4月で全然金額が違います。

(日程によっては10万近く違うことも・・・ひええこれはやばい)

そして燃油サーチャージの復活。

こりゃ早めに買わねばと、1月頃に3月末のフライトをとったのでした。

燃油サーチャージなしで¥88,670。比較的お安め。

 

お金の問題で決めた日程でしたが、後々友達や現地の人に話を聞くと、

「これから暖かくなるし最高の時期に来たね!」と口々に言われました。

いきなり冬に来てナーバスな気分を乗り越えるよりは、いくらか楽な感じらしいです。

語学学校に通うことを考えている人は、もう少し早めに来て勉強してから、

求人の多い時期(夏)を目指して調整するのもいいかもしれませんね。

 

以上、ビザと航空券に関してはこんな感じです。

エアカナダの所感などはまた今度。

 

f:id:tavolozza:20170403100824j:plain

 

今日行ったスーパーにて。THE!外国!って感じでテンションUP!

カナダの理由

出発前に書こうと思っていた記事が、準備に手間取って全く書けませんでした・・・。

ぼーーっとしていたらもう in Toronto ですよ。実感がまだあまりない。

色々記事にしたいことはありますが、とりあえずこれですね。

 

「なんでカナダなの?」

この1年で、何度聞かれたかもうわかりませんが、とりあえずめっちゃ聞かれている質問。

 

・・・そもそもワーホリに行く目的は何なのか?

 

私は中学生の頃、英語の先生が大好きでした。

フレンドリーで授業も面白いし、自ずと英語が好きになっていました。

その頃から、行く行くは海外で生活したいな〜とぼんやり思っていたのでしょう。

高校生になって進路を決める段階で、私は迷っていました。

英語を学ぶ学校に行くか、それとも子供の頃からずっと大好きな絵を学ぶか。

 

大学ってお金かかりますよね。

当時の私はバイトの鬼でしたが、それだけでは大学に入ることは出来ませんでした。

奨学金とかあるじゃ〜んってよく言われましたが、その前の段階のお金すら工面できる状況ではなかったのです。

今となっては、家族に対してある程度妥協した気持ちでいられますが、「貧乏」というのは心の余裕も奪うもの。

一刻も早く実家から出たくて、高校時代に貯めたお金で一人上京して働き始めました。

その後、働きながら夜間にデザインを学べる学校に行ったり、通信で美術大学に通ったりしました。

 

ずーっと、毎日毎日、同じ時間に電車に揺られて仕事に行くのがすごく嫌で。

(まあ、好きな人はいないとは思いますけれども・・・)

でも安定を求めるなら会社勤めかしらと我慢して、何年か。

生活が落ち着いてきて、ふと周りを見渡すと、結婚して家庭を持ったり、仕事に大成していたりする友達が増えていました。

 

私はやりたいことが沢山あったはず。いつの間にか若さもじわじわなくなってきている。

日本は素敵な国だけれど、少し疑問に思うことも色々ある。今、見聞を広めるべきなのでは!?

思い立ったら即行動の私。ワーホリの制度を知り、いざゆかんとまずは情報収集の旅へ。

 

ワーホリといえば、オーストラリアかカナダらしい。ふむ。

他の英語圏は・・・物価が高かったりして、ハードルが高いとな。ふむふむ。

オーストラリアは夏が暑そう。なまりも少しあるんだ〜。ふむふむふむ。

カナダは英語の発音も比較的綺麗らしい、夏はそんなに暑くない・・・

・・・じゃあ、カナダだなっ!(ほぼ即決)

 

初めは消去法で決めたような形でしたが、調べるうちにどんどんカナダが好きになりました。

そして会社や友達に「カナダに行く」と話すと、経験者が近くに沢山いることを知りました。

自分から発信すると、不思議と道が開けてくる。ここ1年の準備期間で色々な人に助けられました。

 

エージェントを通さないのも、語学学校に行かないのも、そもそものお金がないからでした。

余裕がある人なら、安心を買うという意味でエージェントを頼ってもいいかもしれません。

でも、どんな人だって、助けてくれるはず。お金を払わなくても、挑戦者には皆優しくしてくれると思います。

 

以上、カナダの理由は「英語が綺麗、夏が涼しそう(冬が好き)」でした。

(あ、都市をトロントにしたのはバンクーバーが雨が多いことが原因・・・ってこれも消去法っぽいですが・・・初心者に優しそうなので・・・)