読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

COLORS

ワーホリ in Toronto / いろ、いろ

カナダの理由

出発前に書こうと思っていた記事が、準備に手間取って全く書けませんでした・・・。

ぼーーっとしていたらもう in Toronto ですよ。実感がまだあまりない。

色々記事にしたいことはありますが、とりあえずこれですね。

 

「なんでカナダなの?」

この1年で、何度聞かれたかもうわかりませんが、とりあえずめっちゃ聞かれている質問。

 

・・・そもそもワーホリに行く目的は何なのか?

 

私は中学生の頃、英語の先生が大好きでした。

フレンドリーで授業も面白いし、自ずと英語が好きになっていました。

その頃から、行く行くは海外で生活したいな〜とぼんやり思っていたのでしょう。

高校生になって進路を決める段階で、私は迷っていました。

英語を学ぶ学校に行くか、それとも子供の頃からずっと大好きな絵を学ぶか。

 

大学ってお金かかりますよね。

当時の私はバイトの鬼でしたが、それだけでは大学に入ることは出来ませんでした。

奨学金とかあるじゃ〜んってよく言われましたが、その前の段階のお金すら工面できる状況ではなかったのです。

今となっては、家族に対してある程度妥協した気持ちでいられますが、「貧乏」というのは心の余裕も奪うもの。

一刻も早く実家から出たくて、高校時代に貯めたお金で一人上京して働き始めました。

その後、働きながら夜間にデザインを学べる学校に行ったり、通信で美術大学に通ったりしました。

 

ずーっと、毎日毎日、同じ時間に電車に揺られて仕事に行くのがすごく嫌で。

(まあ、好きな人はいないとは思いますけれども・・・)

でも安定を求めるなら会社勤めかしらと我慢して、何年か。

生活が落ち着いてきて、ふと周りを見渡すと、結婚して家庭を持ったり、仕事に大成していたりする友達が増えていました。

 

私はやりたいことが沢山あったはず。いつの間にか若さもじわじわなくなってきている。

日本は素敵な国だけれど、少し疑問に思うことも色々ある。今、見聞を広めるべきなのでは!?

思い立ったら即行動の私。ワーホリの制度を知り、いざゆかんとまずは情報収集の旅へ。

 

ワーホリといえば、オーストラリアかカナダらしい。ふむ。

他の英語圏は・・・物価が高かったりして、ハードルが高いとな。ふむふむ。

オーストラリアは夏が暑そう。なまりも少しあるんだ〜。ふむふむふむ。

カナダは英語の発音も比較的綺麗らしい、夏はそんなに暑くない・・・

・・・じゃあ、カナダだなっ!(ほぼ即決)

 

初めは消去法で決めたような形でしたが、調べるうちにどんどんカナダが好きになりました。

そして会社や友達に「カナダに行く」と話すと、経験者が近くに沢山いることを知りました。

自分から発信すると、不思議と道が開けてくる。ここ1年の準備期間で色々な人に助けられました。

 

エージェントを通さないのも、語学学校に行かないのも、そもそものお金がないからでした。

余裕がある人なら、安心を買うという意味でエージェントを頼ってもいいかもしれません。

でも、どんな人だって、助けてくれるはず。お金を払わなくても、挑戦者には皆優しくしてくれると思います。

 

以上、カナダの理由は「英語が綺麗、夏が涼しそう(冬が好き)」でした。

(あ、都市をトロントにしたのはバンクーバーが雨が多いことが原因・・・ってこれも消去法っぽいですが・・・初心者に優しそうなので・・・)