COLORS

ワーホリ in Toronto / いろ、いろ

渡航の道中(トロント空港編)

今日こそは外に出るぞと思っていたのに、気付いたら夜。

あれれ〜〜。これはまずい。求職活動ネットでしかしてない。

でも良いんだ。ホリデーだから!生活を気ままにやるんだ!

なので、気ままに今日はブログを2回更新します。(自由人)

 

さて、今回はトロント空港についてからのお話ですー。

 

やっと座っている状態から解放され、気分もるんるんの私。

先にお手洗いに行っておこうかしらと並んでみたものの、

なかなかワイルドな内装(というのか・・・)。

そして手を拭く紙もレバーを一生懸命上げ下げするタイプ。

おお・・・これがカナダ・・・と驚く初心者がここに1人。

 

そしてどこへ向かうのか、とりあえず皆についていけばよろし?と

長蛇の列に並び、動き、また並び、visitorはこちら〜の列に並び・・・

あれ、気付いたらホームステイ先のマザーが到着している!?

なんでこんな長いんだ〜〜〜!リュックもめっちゃ重いし〜〜!!

と泣きそうになりつつ、ようやく最初の関門へ。

 

日本人っぽい人(ワーホリかな?)が何人か居たので、

その質問内容とかを盗み聞きしながら、自分もなんて言おうかしらと脳内会議。

 

※ご参考まで

私は片道の切符で来たので、ゆうちょで英文の残高証明書を発行してきました。

ゆうちょは過去何年か前までの残高証明書を窓口で出してくれます。

群馬の片田舎でしたが、カナダドルでも普通に対応してくれましたよー。

30分くらいかかったかな?通帳と印鑑を持って行きましょう。

手続き用の用紙は聞けばその辺から出してくれるはず。難しくないです。

ただ、当日分の残高は証明できません。手続き日の前日から、とのこと。

 

まあ結局、残高証明書使いませんでしたけどね!

更に、私、1度目の質問「ワーホリ?」「イエス!」だけでしたからね!

えええ・・・他には聞かんのう・・・色々考えてたんですけどおお・・・

となりつつも、スタンプを押してもらって更にワークビザを貰う列へ。

(この時点で着いてから1時間は経っていたと思われる・・・)

 

こっちでは色々聞かれるでしょ!と思いつつ、また盗み聞きしながら待機。

リュックに電子機器詰め込まれている+ヴァイオリンを背負っているので

子泣き爺のごとく腰を曲げながら待つ事さらに30分くらい。

 

「次のひとー!」

「はろー!」「はろー!」

(パスポートとビザの紙を提出)

「おー、ワーホリ!楽しみ?」

「う、うーん・・・」

「あれー、なーばすなの?」

「は、はーふあんどはーふ・・・」

「ふふふー」

 

・・・以上。(また特に何も聞かれなかったー!)

これからどこに住むの〜?こっちに友達いるの〜?

みたいな世間話はありましたが、他に突っ込まれることもなく。

すんなりビザを貰いました。んん、これで良いのだ?

 

最後、ビザはパスポートに留める?って聞かれたのですが、

「あたっち」が聞き取れず「・・・たっち?」と聞き返す私。

それから笑ってジェスチャーで教えてくれたので、

「おー!せぱれーと!ぷりーず!」と答えたのでした。

(多分ビザとパスポートは分けておいた方がいいのではないかと)

 

ビザを貰ったあと、

「SINもあそこの角を曲がったところでとれるよ」

と教えてもらったのですが、時間も時間だし、と思って後回し。

SINは後日近所のService Canadaへ取りに行きました。

 

やっと荷物だー!と思って番号のところへ行くも、ない!

時間が経ちすぎてどこかへ行ってしまったのだろうかと探し、

空港の職員2、3人に聞くも冷たい態度で心が折れる・・・。

ここだって聞いたのにいいいと半泣きになりつつ

ぐるぐる探し回っていたら、途中の通路に置いてありました。

 

なぜ!?いやでも見つかってよかった!!

2つが一緒にいてくれたので、本当に助かりました。

通路にあったのは謎ですが・・・良いんだ見つかったから・・・。

 

ということでようやくミッションコンプリート。

出口に出て時計を見ると、到着して2時間半が経過。

 

ま、まざー!大変お待たせしましたーーー!!!

 

ジャパニーズスライディング土下座の気分の私を、

「すごい混んでたのねえ、大変だったわねえ」

と、優しく迎えてくれたマザーにより、

空港で軽く折れた心も修復されたのでした。

 

 

*ランキング参加中です!

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(カナダ)へ
にほんブログ村